ノロウイルスに感染しないために知っておきたい予防対策

ウーマン

症状と細菌の潜伏期間

男性

冬になると、毎年のように流行する「ノロウイルス」。他の感染症に比べて高い感染力を持ち、あっという間に広がってしまうのが特徴です。ノロウイルスに感染してしまうと、下痢や嘔吐、腹痛などの症状に見舞われます。人によって個人差はありますが、お年寄りや小さい子供などの場合は、ひどい下痢を繰り返して入院するケースも珍しくありません。逆に、感染しても症状が現れない人や風邪のような症状で終わる人もいます。症状が軽いからといって、油断してはいけません。このような場合でも、感染者の便などから他の人に細菌をうつしてしまう可能性もあるのです。感染を広げないためにも、きちんと対策をしておくことが大切です。

ノロウイルスは感染してから、だいたい1〜2日ほどで下痢や腹痛などの症状が現れます。その後、2〜3日ほど経つと徐々に症状が緩和されていきます。しかし、症状が和らいだ後も体の中にまだ細菌は潜伏しているのです。細菌が体内に潜伏する期間は、早い人だと1〜2週間、遅い人だと1ヶ月程度です。この期間中は、ノロウイルスの症状が見られなくても便などに細菌が混じっていることが多いので予防対策を行なう必要があります。では、ノロウイルスの感染を防ぐためにどのような対策が必要なのかというと、ズバリ清潔を保つことです。帰宅したときやご飯を食べる前などは、きちんと手を洗うようにしましょう。また、感染予防対策として、料理に使う器具などもしっかり消毒しておくようにしましょう。アルコールで拭いたり、熱湯に浸したりすると、きちんと殺菌できるのでおすすめです。また、ドアノブやイス、テーブルなど人が良く触れる箇所も消毒しておくことが大事です。

細菌の感染を防ぐアイテム

女性

ノロウイルスの感染を防ぐ対策アイテムには、乳酸菌や消毒液、マスクなどがあります。消毒液やマスクを使用して、日頃から清潔を保つことで感染予防に繋がるでしょう。また、乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので、胃腸炎の症状を抑えます。

症状を緩和させる治療法

ウィルス

ノロウイルスは、風邪などのように直接細菌に対抗してくれる治療薬はありません。ノロウイルスを治すためには、対症療法という治療法で症状を緩和させるしかないのです。病院を受診すると、効果的な対策法をアドバイスしてくれます。

様々な感染経路がある

マスク

ノロウイルスの感染経路は、十分に火を通していない食品を食べることや、排便や嘔吐物に潜む細菌が空気中に舞うこと、細菌の付着した手やドアノブに触れることなどがあります。予防対策をするには、このような感染経路を経つことです。