ノロウイルスに感染しないために知っておきたい予防対策

レディたち

様々な感染経路がある

マスク

ノロウイルスの予防対策を行なうには、感染経路となるものをきちんと把握しておくことです。ノロウイルスの主な感染経路は、食品、人との接触、排便などです。食品による感染は、特に生牡蠣などの貝類から発生する場合が多いです。冬は夏と違って気温が低いため、きちんと火を通さないとノロウイルスの細菌が付着したままになってしまうのです。貝類の食品を食べるときは、十分に加熱してから食べるようにしましょう。また、手をきちんと洗わずに料理を作ったり、食事をしたりすることで感染してしまうケースもあります。ノロウイルスの感染を防ぐには、手洗いを徹底して行なうことが最も大事な対策法なのです。

ノロウイルスは、感染者の嘔吐物や排便などからもうつる可能性があります。何故なら、嘔吐や排便などの周りには、目には見えなくても細かな飛沫が飛んでいる危険性があるからです。その飛沫に潜む細菌が空気中に舞い上がり、知らぬ間に体の中に侵入してしまうことでノロウイルスの症状を発症します。空気感染をしないためにできる対策は、マスクをして細菌の侵入を防ぐこと、手はもちろんトイレや洗面所、キッチンなどの良く使う場所の消毒を行なっておくことです。また、家族や身内に感染者がいる場合は、症状が落ち着くまで極力近づかないようにしましょう。特にトイレは、きちんと消毒をしてから使うことが大事です。消毒を行なうときは、次亜塩素酸ナトリウムなどのノロウイルス対策に効果的な消毒液を使うことをおすすめします。